ノンシリコンシャンプーとスカルプシャンプーの効果は?

スカルプシャンプーとノンシリコンシャンプー

シャンプー剤には色々な種類があります。石鹸系シャンプー、アルコール系シャンプーなどなどありますが、今回はスカルプシャンプーとノンシリコンシャンプーをピックアップしてみました。ノンシリコンシャンプーとスカルプシャンプーの効果についてご紹介していきます。

ノンシリコンシャンプーとスカルプシャンプー

なんかノンシリコンシャンプーとかスカルプシャンプーって耳にするとなんか、「頭皮、髪の毛にいい感じがする♪」と感じませんか?

でも、なんとなくスカルプシャンプー、ノンシリコンシャンプーが頭皮、髪の毛によさそうと思っていて、それぞれどういった効果があるのか知らない方がほとんどではないでしょうか?それぞれの効果について見ていきましょう。

ノンシリコンシャンプーの効果

シリコンというのは、髪の毛に膜を作って、表面をきれいに保つ効果があrます。実はこのシリコンの効果の髪の毛の表面に膜を作るだけならいいのですが、頭皮にシリコンが残ってしまうと、皮脂が酸化してしまって、髪の毛が弱ってしまう可能性があるのです。

シリコンが頭皮に100%悪いというわけではありませんが、悪いにこしたことはありません。ノンシリコンシャンプーの場合、細かい泡で洗うため、頭皮を優しく洗うことができます。

頭皮ケアのダメージを少なくするためには、ノンシリコンシャンプーを使うのがベストです。

スカルプシャンプーの効果

スカルプシャンプーが急激に話題となったのは、スカルプDが誕生してからではないでしょうか?そもそも「スカルプ」とはどういった意味なのか皆さんご存知でしょうか?

スカルプ:頭の皮膚、頭皮、人間の頭皮

スカルプとは簡単にまとめる人間の頭皮のことを言います。通常のシャンプーと違って頭皮のことを考えられたシャンプーです。髪の毛ももちろんですが、頭皮の健康を重点においたシャンプーのことがスカルプシャンプーです。

頭皮の皮脂の量を適切に保つ効果がスカルプシャンプーには期待できます。シャンプーをしても、皮脂が過剰に分泌して、頭皮、髪の毛が皮脂でべたつく方におすすめなシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーのスカルプDを使ってみれば違いが分かる

シャンプーをしても髪の毛がさらさらを保てているのはシリコンが入っているからといっても過言ではありません。ノンシリコンシャンプーとシリコンが入っているシャンプーを使い分けてみると大きな違いが分かると思います。

ノンシリコンシャンプーであり、スカルプシャンプーであるスカルプDを使ってみれば大きな違いが分かると思います。スカルプDでシャンプーをした後は、髪の毛がぎっしぎしに感じる方が多いと思います。

特に男性用のスカルプDを女性が使ってみると大きな違いが分かるでしょう!ギシギシになりすぎて、ブラッシングできないぐらいになります。

最近ではシャンプーも進化しているので、ノンシリコンシャンプーでもぎしぎしにならないシャンプーが増えてきています。シャンプー剤も自分に合う合わないがありますので、自分の頭皮にあったシャンプーを見つけて使っていくようにしましょう。