ヘアサイクルの基礎知識!髪の毛の寿命にを知っておこう!

美しい髪の毛

育毛関連の情報を調べたら必ず耳にする言葉のヘアサイクルっていったいどういったことでしょうか?ヘアサイクルは簡単にまとめると、髪の毛が生えたり、抜けたりする周期のことです。ヘアサイクルについて詳しくまとめてみました。

ヘアサイクルってどういった周期のこと?

ヘアサイクルは大きく分けると4つの周期があります。成長期、退行期、休止期、前期成長期があります。それぞれの役割について見ていきましょう。

ヘアサイクルその①:成長期

今生えている髪の毛のほとんどはこの、成長期に作られた髪の毛です。毛母細胞の細胞分裂が一番活発な時期です。成長期が最も育毛に大事な時期です。

薄毛の原因の一つはヘアサイクルの乱れです。ヘアサクルが乱れ、成長期が極端に短い場合、髪の毛が成長する時期が短くなり、抜ける時期の方が多くなってしまうので、薄毛が進行してしまいます。

ヘアサイクルその②:退行期

退行期は、メラニン色の生成が止まってしまう時期です。成長期と比べて、毛母細胞の細胞分裂が弱まってしまいます。例えば、成長期に髪の毛がめっちゃ成長したり、生えてきていたのに、退行期になると髪の毛の成長が少なくなり、生えてくる髪の毛の量も減ってきます。

期間は、少なく約2週間ぐらいと言われております。

ヘアサイクルその③:休止期

髪の毛の成長が完全に止まってしまい時期のことを休止期と言います。例えば、シャンプーをして髪の毛が抜けても休止期にヘアサイクルがなっていると、生えてくることもなう抜けてしまうだけになります。

正常なヘアサイクルの場合ですと、期間は約3ヶ月程度の休止期と言われておりますが、乱れている場合休止期が3ヶ月以上続くこともあるみたいです。

育毛剤でヘアサイクルを正常に!
乱れたヘアサイクルを正常にする効果があるのが、育毛剤です。髪の毛が抜けるばかりで、新しい髪の毛が全然生えてきている気配がない場合は、もしかしたらヘアサイクルが乱れてしまっているかもしれません。育毛剤の使用を検討してみてはどうでしょうか!

ヘアサクルその④:前期成長期

成長期の準備期間の前期成長期。古い髪の毛が抜けて、新しい髪の毛が毛根から生えてくる時期です。

歳をとると髪の毛の寿命が短くなってしまう

歳をとると髪の毛の寿命が短くなってしまうと言われております。いったいなぜかというと、歳をとることで、毛母細胞の細胞分裂が衰えてきてしまうからです。

男性の場合一番活発なのは、20歳頃、女性で一番活発なのは、 25歳頃と言われております。

ヘアサイクルが乱れていなくても、歳をとると、髪の毛の質は落ちてきますので、育毛剤や育毛シャンプーなどを使って頭皮ケアをして、いつまでも元気な髪の毛を生やすことが大事です。