こんな髪型はハゲが目立つかも?薄毛が気になる方は要注意!

ハゲが目立つ髪型

薄毛が気になる時って、どんなヘアスタイルが薄毛を隠せるのか?などとヘアスタイルが気になって仕方ががありませんよね?このヘアスタイルなら完璧に薄毛を隠せるなんてヘアスタイルでも実は逆効果なんてこともなくはありません。

こんなヘアスタイルは薄毛が目立ってしまう可能性があるというヘアスタイルをご紹介しますので、もし薄毛隠しのために「アッ!このヘアスタイルしてしまっている」なんてことがありましたら、ヘアスタイルを見直してみてくださいね!

薄毛が目立つヘアスタイル!こんなヘアスタイルは今すぐ辞めよう!

①:サイドの髪の毛のボリュームをアップする

男性に意外と多いのが、薄毛を隠すために両サイドの髪の毛のヴォリュームをアップさせるヘアスタイル。このヘアスタイルは、実は逆に薄毛に見えてしまうんです。

両サイドの髪の毛が長い、多いと頭頂部、M字の部分がコンストランスとによって薄毛が目立ってしまうんです。ハゲ隠しのために、両サイドの髪の毛を長くしたり、ボリュームを残すのはハゲ隠しに逆効果なので、ツーブロックなどのヘアスタイルがおすすめです。

②:前髪を伸ばしてデコのハゲ隠し

前髪を伸ばしてハゲ隠しのヘアスタイルも実に多いです。おでこが広いのを隠すために前髪を伸ばして隠される方がほとんどだと思いますが、このヘアスタイル逆効果なんです。

前髪のボリュームが多い場合このヘアスタイルは有効的になりますが、前髪が薄毛になっていると完全に逆効果。前髪が薄毛で伸ばしているとすっかすかになってしまうので薄毛に見えてしまいます。

前髪を下ろすよりは、思い切って前髪を上げるヘアスタイルのほうが圧倒的におすすめです。

③:ロングヘアー

薄毛隠しのためにロングヘアーにしている方も少なくはないはずです。髪の毛が長ければ長いほど、髪の毛の重さで下に引っ張られてしまいます。引っ張られることによって、元々の髪の毛のボリュームが少ないとぺちゃんこのヘアスタイルになってしまいます。

女性の方で薄毛が気になる方で、ロングヘアーのヘアスタイルをされている方は、思い切ってショートボブぐらいのヘアスタイルにするのも薄毛隠しには有効的です。

④:分け目が思いっきり分かるヘアスタイル

女性は分け目が男性と違ってはっきり分かります。分け目が薄い場合、分け目が思いっきり分かるヘアスタイルは避けたほうが無難です。

ずっと同じ方向に分け目を作っているとその部分が薄毛になってしまうといも言われているので、定期的に分け目を変更するのもおすすめです。今日は左、明日は右。分け目を変えるだけでも、印象がガラッと変わるので「あれ?なんか今日違うくない?」などのきっかけにもなります。

⑤:ストレートヘアー

外国人と比べて、日本人は黒髪ストレートが基本です。でも、年齢を重ねていくと、髪質が変化することによって、うねりが発生したりします。

髪の毛にボリュームが加齢などによって、減ってくるとストレートヘアーは薄毛に見られてしまうことも…なんだかボリュームが減ってきたと感じた場合ゆるっとパーマをあてるのもいいかもしれません。

ハゲ、薄毛隠しのために上記で紹介しているヘアスタイルをしてしまっているって方は、逆に薄毛に見られてしまうことがありますので、見直してみてはいかがでしょうか?